「原因を知りたい」

「原因から治したい」

「再発対策をしたい」

「何としても治したい」

「もう二度となりたくない」

自費体質改善外来

あなたの願いをかなえるお手伝いをします。

自費体質改善外来で治療した全頭型脱毛症です。

原因は栄養障害と肝機能障害と水銀汚染でした。


自費体質改善外来とは?

令和4年8月8日更新

 

自費体質改善外来では保険診療で対応不可能な脱毛症の原因となる病気を検査で調べ、そこから治療します。

人間が本来持っている自然の治癒力を使って病気を治していきます。

 

そうすることにより、通常治療に反応しなかったケースが治る事も見込まれますし、自然に治っていくこともありえます。

 

さらに原因がわかる事で再発対策を行う事もできます。

 

自費体質改善外来では、下図の赤線の丸の部分の治療を行います。

また、最近になって分かってきたことです。

円形脱毛症の患者さんは亜鉛濃度が低く、治療を行っても治らない場合は治るグループと比べて更に低いという傾向が明らかになったという論文が報告されました。

こちらは治療抵抗群は更に脱毛面積も広いという報告です。

必須ミネラルの亜鉛(とセレニウム)は過剰なインターロイキンIL-6(体内で炎症を起こす生体信号)を消去します。

また、以下の機能を有しています。

・腸の細胞の免疫機能強化

・腸の細胞の接着機能(異物の体内侵入を防ぐ)→未消化の食物残渣や悪玉菌といった異物が体内に入ると炎症が起こります。

1 Journal of Endodontics Home 2017.43.18-26

2 Univ. of South Carolina U.S.A 2015 in print

 

腸内の状態が悪化すると、自己免疫疾患の原因となり、円形脱毛症(自己免疫性脱毛症)が発症すると考えられます。

過去に受講したセミナーでは、「ネズミに無ビオチン食をたべさせてバンコマイシン(抗生物質)を投与したら、ネズミの全身の毛の脱毛を認めたと報告していました。」

バンコマイシンを投与することによって、腸内の細菌を人工的に死滅させた訳です。

この研究で明らかに言えることは、脱毛症は皮膚のみの病気であると言い切れなく、腸の病気の可能性と栄養障害の可能性があるという事です。

実際に当院での経験として、整腸剤を使用したら抜け毛が止まったケースもあります。

 

また鉄分の不足と円形脱毛症の関係も文献として報告されています。

当院の経験ですと、鉄分不足は自律神経失調症と慢性疲労に主として関与し、脱毛症や抜け毛の原因となっています。

 

実際に診療していると、円形脱毛症(自己免疫性脱毛症)の患者さんの典型例は、

・自律神経失調症(いらつき・頭痛・肩こり・手と顔の火照り・眠れない・眠くならない・途中で目が覚める・目覚め時の不調)

・慢性疲労(疲れ・日中の眠気・手足のだるさ・食欲低下・気分の不調)

・東洋医学的な内臓(肝臓/胃腸)の問題(下痢、便秘、お腹の冷え)

・血行不良(生理痛・手足の冷え)

・免疫低下(風邪や急性胃腸炎等の感染症にかかりやすい)

を有している事が本当によくあります。

 

他にも遅延型アレルギー(IgG抗体によるアレルギーで、食物を摂取して半日から3日後に症状(慢性炎症)が出てくる遅いタイプのアレルギー)で小麦アレルギーが判明して、小麦を止めたら蛇行型の脱毛症が自然治癒したケースもあります。

・感染症

・遅延型アレルギー(IgG/IgA)

・腸内環境検査(CDSA):善玉菌/悪玉菌の状態

・重金属汚染(尿検査、毛髪検査、血液検査)

・ビタミン/ミネラルの不足

・炎症を起こす脂質の状態(ω3/ω6)

・ホスホリパーゼA2(炎症を起こすアラキドン酸代謝)

・ゾヌリン検査(リーキーガット症候群の有無/程度)

・副腎疲労検査(慢性疲労の状態)

・自律神経失調症の評価(GABA/ドーパミン/セロトニン/メラトニン/ノルアドレナリン等の神経伝達物質の定量検査)

・有機酸検査/化学物質による環境汚染検査

・DHT(デヒドロテストステロン)測定:脱毛症にAGA/FAGAの成分が混じっているかどうか?

の検査を行い、腸内環境の状態、慢性炎症の原因食材、金属汚染の有無、自律神経失調症の状態と原因検索、栄養失調の状態の検査を行います。

見つかった異常に対しては、栄養障害の補正、腸内環境の改善、金属/薬物の解毒、自律神経の調整、疲労の改善(体力回復)等を漢方、サプリメント、国内未承認の薬剤を用いて治療を行います。

 

以下に体質改善外来にて改善した患者さんのケースをお示しします。

Case 1

急激に進行する抜け毛

20代女性 既往歴なし

急激に進行する抜け毛を主訴として受診。

Case 2

治癒と再燃を繰り返す脱毛症

40代男性 既往歴:なし

繰り返す抜け毛と多発性脱毛症を主訴として受診


Case 4

急速に進行する抜け毛と意外な原因

40代女性 既往歴:適応障害

急激に進行する抜け毛を主訴として受診。

Case 5

円形脱毛症一旦治癒→再発して全身性脱毛症

20代女性 既往歴:アトピー性皮膚炎

多発性脱毛症にて受診だったのだが...


費用について

  適応 規格 料金(税込) 備考
 受診料金  

1回あたり

4800

 診療・病状説明・検査結果説明・

治療方針変更相談・検査時

カウンセリング  

15分あたり

14800

 心理療法・生活指導

脱毛症

根本検査

 初診

アドバンス

1回

118000

 

検査のみの受診は

 受け付けておりません

 

 

 

スタンダード

1回

54800

ライト

1回

39800

根本検査検査内容について

 

フル

コース

スタンダード ライト

 基本的評価項目

(肝機能、腎機能、造血機能、甲状腺機能、炎症反応、代謝異常、消化機能、感染症、合併内臓疾患、自律神経)

 ○

栄養状態

(タンパク代謝、脂質代謝、糖代謝)

ビタミンB3/B6/D/E

ビタミンA/C/B12/葉酸

× ×

ミネラル

(Na/K/Cl/Ca/P/Fe/Zn/Mg)

ミネラル

(Mn、Se)

×

ホルモンバランス

(DHEA)

性ホルモン

(男性ホルモン、女性ホルモン)

× ×

反応性低血糖

×

酸化ストレス、血行状態、毛髪成長因子、脂質炎症

× ×

各検査解説

・フルコース

脱毛症の根本的原因になりうる栄養状態全般(タンパク、ビタミン、ミネラル)と代謝の異常の評価、ホルモンバランス、自律神経失調症の状態、肝機能、炎症の状態とその原因物質、血行の状態、合併する他の疾患、感染症、酸化ストレス、免疫機能、育毛機能を維持する栄養素について調べます。

しっかり調べたい方におすすめの検査です。

・スタンダード

フルコースから免疫機能、ビタミンの一部、ホルモンバランスの一部、酸化ストレス、血行状態、育毛機能、脂質の炎症を除いています。

入眠障害がなくて、自律神経の不調と慢性的な疲れがある方におすすめの検査です。

・ライト

脱毛症治療に絶対必要な項目に絞り込んでの検査となります。基本的な評価の他、自律神経調整と疲労の治療に必ず必要なビタミン/ミネラルと合併する感染症及び内臓疾患の検査を行います。

予算はかけられないが、ちょっとずつ調べて、ちょっとずつ治していきたい方におすすめの検査です。

 

検査にあたって

・検査の際、受診料7800円の費用が別途必要になります。

・脱毛症根本検査の再診時の検査は検査項目を必要な項目のみに絞り込みます。

 1回あたり、29800~34800円+必要追加項目別途費用発生となります。

・検査を行う目安は病状によりますが、3~6か月に1回が見込まれます。

追加検査案内

  適応 規格 料金(税込) 備考
  AGA 遺伝子検査/治療薬効果判定検査 1回 19800

検査のみの受診は

受け付けておりません

 

 

遅延型フードアレルギー検査

体内重金属/必須ミネラル検査

副腎疲労パネル+CAR

腸内環境精密検査

自律神経機能精密検査

 

 

1回

お問い合わせ下さい。

治療費 サプリメント/国内未承認薬

 1ヶ月分

平均

15000~100000 受診料は別途かかります。

・上記費用は、ガソリン代や為替の問題等より予告なしで価格が変更されることがあります。

治療内容について

ビタミン/ミネラル/整腸剤等の当院オリジナルサプリメントを中心に各種サプリメントを使用します。

サプリメントの副作用は以下が見込まれますが、深刻な影響を来すことはほぼありません。

アレルギー、発疹、嘔吐、嘔気、下痢等

体質改善外来受診の目安

・通常治療で治らない場合

・大学病院まで行っても治らない場合

・原因から治したい場合

・脱毛症以外に自律神経失調症や慢性疲労等の全身症状があり、それも治したい場合

・再発対策をして少しでも再発させたくない場合

・脱毛免疫が頭部頭髪の25%以上と広がった場合

・頭髪以外の部位(眉毛、まつげ、体毛)にもある場合

・(急速に進行する)抜け毛を治したい場合

セファランチン大量投与療法

体内で炎症を起こす物質であるアラキドン酸とそれを誘導する酵素ホスホリパーゼA2を抑制して、炎症を改善して脱毛症の改善を行っていきます。

セファランチンを1日150錠(150mg)以上を食事の前に1日2-3回内服となります。

 

治療可能な条件です。

・食事の前に内服が常に出来る事

・1回最低でも50錠の錠剤が内服できる事

 

当院では国内/海外検査機関による検査でホスホリパーゼA2とアラキドン酸の量を測定して客観的な評価を行います。

また、アラキドン酸の働きを弱くするためのサプリメント治療や生活習慣の見直しも行っていきます。

 

アラキドン酸代謝/ホスホリパーゼA2検査:お問い合わせ下さい。

セファランチン 1000錠 税込19800円

受診料は別途かかります。

再生因子注入療法(メソセラピー)

準備中です。

よくある質問

準備中です。