Case 3

単発の円形脱毛症

50代男性

今回3回目の円形脱毛症を発症しました。

ご本人の希望で保険診療皮膚科標準治療を希望されました。

初診時に抜け毛がなくて脱毛部の拡大がない事と、病状が髪型が変わらない位の軽度の病状でしたので、

病状の改善が十分に見込まれると判断できましたので、ご希望のままに治療を開始しました。

治療方法は、ステロイド外用、セファランチン内服、凍結療法です。 


最終的には約4か月の治療期間を必要としましたが、脱毛斑は時間の経過とともに改善しました。

治療して4か月後に完全に脱毛斑が消失しました。

解説

当方の持論で抜け毛が止まっていて、髪型が変わらない程度の脱毛症のケースでした。

この位の病状ですと、国内の皮膚科医療機関ならどこでも行われている標準治療でも8割前後の有効率で治癒が見込まれます。

以下に病状別での医療機関の選び方をお伝えします。

 

当院

保険

漢方+

皮膚科

治療

自費

体質

改善

左記

併用

保険

皮膚科

保険

大学

病院

自費

AGA

医療

機関

脱毛斑

数個まで

頭髪のみ

抜け毛なし

上記より

悪化

 

抜け毛

対策

× ×

×

×

原因からの

治療

原則× ×

×

×

再発

対策

原則× ×

×

×

病状関係なく、

・原因から治したい

・繰り返したくない

・再発対策をしたい

方は、当院自費体質改善外来の受診をおすすめします。

保険診療治療実績比較